アレルギー科

allergyicon-hospital 診療内容

基本的に、バリアー異常(石鹸、シャンプー、パーマ液など)とアレルギー炎症の両面から治療を行います。


アトピー性皮膚炎 / 食物アレルギー / 花粉症 / アレルギー性鼻炎(鼻花アレルギー) / アトピー型気管支喘息 / アナフィラキシーショック など



 icon-file 食物アレルギー検査

  • 血液検査
    スギや卵白などのIgE抗体を調べます。
  • 皮膚検査
    アレルギーの原因となるエキスを皮膚に塗ったり、注射したりして反応を見ます。
  • 誘発試験
    原因と思われる食物などを食べさせて原因を確定する試験方法です。
    有効な検査ですが強い症状が現れる場合があり、十分な経験をもった医師のもとで行わないと危険な検査です。

 icon-file アトピー性皮膚炎

アトピーとは、理由の分からない、不思議なという意味で、原因不明な皮膚病のことです。

アトピー性皮膚炎の治療は炎症を抑え、過敏になっている肌を保護し、痒みを抑えることで、湿疹を悪化させる状態を改善します。
炎症を抑えるのにステロイド軟膏を使用します。ステロイド軟膏は、副作用の心配をされる方が多いと思います。実際に成長期の子供に長期間使用することになるため医師は副作用に対し細心の注意をしています。


 icon-file 花粉症

花粉症は季節性鼻アレルギーに分類され、花粉という異物に対して人間の体が起こす反応です。

症状としては大量の鼻水、鼻閉、くしゃみなどの鼻アレルギーの症状、眼結膜の発赤、そう痒、涙、まぶたの腫れなどがあります。
一般的に花粉症治療では抗アレルギー剤の使用を中心に治療します。